【2020年5月更新】SBI証券のポイントサイト経由比較|ポイント獲得条件と注意点

口座開設
■ハピタスキャンペーン

登録期間:2021/7/1(木)00:00 ~ 2021/7/31(土)23:59

SBI証券のポイントサイト比較表

【2020年5月5日にチェック】

2020年3月20日にチェックしたときと比べてもほとんどポイントに変化はありませんでした。
ポイントサイト 口座開設 iDeCo レート
ハピタス 4,000pt 200pt 1pt=1円
すぐたま 200mile 400mile(通常220mile) 2mile=1円相当
ポイントタウン 2,000pt 4,000pt 20pt=1円相当
ECナビ 1,000pts 2,000pts(通常1,000pts) 1pt=1PeXポイント(10PeXポイント=1円)
げん玉 40,000pt 2,000p 10pt=1円
モッピー 4,000p 200p 1pt=1円
Gポイント 1G=1円
ポイントインカム 1,000pt 2,000pt 10pt=1円
ちょびリッチ 200pt 400pt 1ポイント=0.5円
アメフリ(i2iポイント) 通常800pt(通常400pt)/認証済み1,000pt(通常500pt) 通常1,660pt/認証済み2,000pt 10pt=1円
ライフメディア 100p 200p 1ポイント=1円

ポイントサイトでSBI証券のサービスでポイントが獲得できるものは

「口座開設」、「iDeCo」があります。

口座開設

ここで多くポイントがもらえるポイントサイトでいうと口座開設では「ハピタス」や「げん玉」が4,000円相当ということで高くなりますが、これは他のポイントサイトとは条件が若干違っていてこういったポイントが高いところは「口座開設+入金」というのが条件になっています。

口座開設だけがポイント条件の場合は100円程度とかなり開きがあります。

これから株などをやってみようという方は口座開設+入金が条件のところでポイントを多くもらうのが良いのかなと思います。

詳しくは下のSBI証券のポイントサイト獲得条件と注意点で紹介したいと思います。

iDeCo

iDeCoに関してはほとんどどこのポイントサイトも200円相当になっています。

なのでほぼどこでも良いのかなと思います。

SBI証券のポイントサイト獲得条件と注意点

SBI証券のポイントサイト獲得条件と注意点を見てみたいと思います。

口座開設

まずは口座開設からですが、上でも紹介した通り、ポイントが多くもらえるポイントサイトは口座開設+入金が条件になっています。

げん玉で見てみたいと思います。

現時点でのポイント獲得条件は

口座開設+入金50,000円

となっていて、

詳細は

・げん玉よりSBI証券の証券総合口座を開設
口座開設お申し込み日の翌月最終営業日の前営業日15:00までにSBI証券の証券総合口座から住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ一括で50,000円以上の振替をされた方

ということで

「住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金」というのがポイントです。

ここでポイント無効条件もチェックします。

・不正、虚偽、重複でのお申込みの場合
・期限までに必要書類のご返送の無い方(口座開設お申し込み日の翌月20日到着分まで)
・口座開設お申し込み日の翌月最終営業日の前営業日15:00までにご入金が無い場合
・げん玉のポイントに関する問い合わせをSBI証券へ直接された場合(ポイントに関するお問い合わせはげん玉へご連絡ください)

でさらに大事なポイントがこちらで

×住信SBIネット銀行の預金口座から、SBIハイブリッド預金へ振替
→SBI証券総合口座への入金がないため、対象外

×SBI証券総合口座にのみご入金(SBIハイブリッド預金未契約)
→住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ自動振替が完了していないため、対象外

×一括でSBI証券の証券総合口座から住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ50,000円以上の自動振替が完了していない
→振替金額は合算金額ではありません。一括で50,000円以上が条件です

と記載されています。

ハピタスにもほとんど同じような条件が書かれています。

新規口座開設+50,000円以上の入金
※ハピタスより新規開設後対象期間中に
SBI証券の証券総合口座から住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ
一括で50,000円以上の振替をされた方が、ポイント獲得対象となります。
住信SBIネット銀行口座を開設しているユーザーでも
SBI証券口座を開設していなければ対象となります。
「SBI証券口座」に入金すると、自動的に住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ資金が振替えられます。
自動的に資金が振替えられるには、事前準備が必要です。
住信SBIネット銀行とSBI証券の両方の口座を開設し、両口座のログイン内から
「SBIハイブリッド預金お申込み」設定をする必要がございます。
※申込みの名称が「SBIハイブリッド預金」から「預り金自動スィープサービス」へ変更されている場合がございます。

ハピタスがわかりやすいかもしれません。

住信SBIネット銀行預金口座ではなく、SBI証券口座なので注意してください。

iDeCo

iDeCoもついでにハピタスでチェックしてみたいと思います。

まずポイント獲得条件は

資料請求+新規口座開設

になります。

※「ハピタス」以外のサイト経由も含め、初めてiDeCo資料請求を行い、3ヶ月以内に新規口座開設が完了した方が対象となります。

ということです。

iDeCo資料請求後、3ヶ月以内に新規開設が完了というのが大体の条件になっています。

口座開設もiDeCoも条件等変更されることが結構あるのでしっかり公式サイトでチェックしてください。

まとめ

ポイントサイトでSBI証券のサービスでポイントを獲得できるものは「口座開設」と「iDeCo」があります。

口座開設は単純に入金でポイントが獲得できるものと口座開設+入金のポイントサイトがあります。

口座開設+入金が圧倒的にポイントが多くもらえます。

ただ、ちょっと条件がややこしいのでポイントサイトでしっかり確認してみてください。

iDeCoに関しては現時点ではどこのポイントサイトももらえるポイントはほぼ変わらなくてポイントも高くないです。

最後はしっかり自分で経由しようと考えているポイントサイトの条件でしっかりチェックしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました